安全にダイビング

慶良間で安全にダイビングを行いましょう。 - 慶良間諸島の二大アクティビティ・シュノーケリングとダイビングの基礎知識

アーカイブ

安全ダイビング

慶良間諸島の二大アクティビティ・シュノーケリングとダイビングの基礎知識

慶良間の海の特徴はダイビングしたり海水浴したりするアクティビティに適している海です。
人間に優しい海であり、色の変化もケラマブルーと称させるほど息を呑むような美しさです。
珊瑚礁が広範囲に広がっている慶良間諸島の海は沖の荒波をリーフが砕きます。
リーフの内側はまるで湖のように穏やかになっており、魚介類の採取のスポットでもあります。
波が静かですからダイビングのビギナーでも安全で最適なスポットでしょう。
今回のテーマは【慶良間諸島の二大アクティビティ・シュノーケリングとダイビングの基礎知識】です。

慶良間諸島でのアクティビティ――シュノーケリング

シュノーケリングには3点セットが必要です。
シュノーケル・マスク・フィン(足ヒレ)だけです。
ダイビングのようにボンベはありません。
慶良間諸島の海は透明度が高いのが魅力です。
シュノーケリングでも充分に海の美しさを楽しめるでしょう。
とりわけリーフ内で熱帯魚やサンゴを観察するには、シュノーケリングのほうが動きが自由なので有利です。

慶良間諸島でのアクティビティ――ダイビング

一般的に「ダイビング」と言いますとスキューバダイビングを意味します。
慶良間諸島でのダイビングスポットはビギナー向け・中級向け・ベテラン向けと区分されています。
ビギナーのダイバーは比較的水深の浅いポイントがいいでしょう。
熱帯魚観察やサンゴ観察を楽しめます。
珊瑚礁は太陽光線を吸収して光合成で呼吸している「サンゴ虫」によって形成されます。
慶良間諸島の珊瑚礁でも水深で言えば15メートル以内が一番綺麗です。
透明度も高くて太陽光線が強い慶良間諸島は海水の温度も暖かいです。
世界的に見てもサンゴの量や種類も多い慶良間諸島は、生育環境が整っているのでしょう。
そして、スリリングなベテラン向けのポイントも豊富です。
周囲が薄暗くなってくる50メートル以上の深場や海中洞窟などのポイントでダイビングを楽しめます。

慶良間諸島の二大アクティビティ・シュノーケリングとダイビングの基礎知識をご紹介しました。
ビギナーにとっても上級者にとっても慶良間諸島の海は世界有数のダイビングポイントであるのです。

関連する記事

Copyright(C)2015安全にダイビングAll Rights Reserved.